中学受験するにあたっての心構え

中学受験するにあたっての心構え

中学受験するにあたっての心構え 中学受験と聞くと、まだ小学6年生の子供が受験なんて大変なのでは、と思ってしまいます。
勉強よりも友達と遊びたい年頃でしょう。それでも頑張って勉強をして、志望校合格を目指すのは親の影響が大きいと思います。

そもそも中学受験は保護者の方から言い出さない限り、子供本人からは受験しようと考えることはあまりないはずです。
この厳しい世の中で生き抜いていくためには、いい学校を卒業していい会社に就職することだと考える保護者の気持ちの現れが中学受験だと思います。
そんな期待を一身に受け、その期待に応えようと子供たちは毎日夜遅くまで勉強をします。学校終わりに遊びもせず塾に通い、家に帰ってからもまた夜遅くまで勉強を頑張ってしまうのです。
そんな生活、大人でも大変だと思います。

なので頑張る子供を支えるには広く大きな心を持って接してあげることが大事だと思うのです。
勉強のしすぎで寝不足では身体に悪い。遊ばないでいたらストレス発散もできない。そしてもし受験に失敗してしまったら。その時どう言葉をかけますか。

志望校合格がゴールではありません。人生は長いのです。
合格したら儲けもの、というくらいの気持ちで子供に余裕を与えてあげるのも重要だと思います。

最新のお知らせ

  • [2016年05月19日]
    ホームページを更新しました。

  • [2016年05月19日]
    運営者情報を追加しました。